3Dモデルからテクニカルイラスト風の線画を簡単に描く話—あるいはBlender2.9xでFreestyleを使う手順—

さて、マニュアル的なものを書くときに、手元にある3Dモデルから、サクッとテクニカルイラストっぽい線画を作りたいなって思うことはありませんか?

そんなとき、BlenderのFreestyle機能を使うと、簡単に線画をレンダリングすることができます。

手順を忘れがちなので、自分用のメモとして手順を残しておきます。

※ちなみに、もうちょっと真面目にテクニカルイラスト描きたいなって場合は、テクニカルイラストレーターぬっきぃさんの「テクニカルイラストを描く」がとっつきやすくて入門におすすめです。 booth.pm

Blenderって?

オープンソースの3DCGソフトで、3Dモデリングから映像編集までこなせる神ソフトです。Wikipediaの解説がかなり詳しいです👇

ja.wikipedia.org

今回使うのはレンダリング機能のほんの一部です。

ダウンロードは公式サイト👇から

www.blender.org

3Dモデル→線画化の手順

以前作ったDactyl ManuformのSTLモデルを例に説明します。

github.com

f:id:at_you_key:20210716123409j:plain

Blenderでモデルを開いたら、レンダープロパティ(カメラの背面アイコン)で「Freestyle」にチェックを入れます。

f:id:at_you_key:20210716123607p:plain

この用途では外形線しか使わないので、余計な処理を省くためにサンプリングは最小にして、デノイズもOFFにしておくと良いです。

つぎに、ビューレイヤープロパティ(写真アイコン)で「レンダーパスに出力」にチェックを入れて、レンダー画像と線画を別レイヤー(?)に出力するようにします。

f:id:at_you_key:20210716123448p:plain

シーンにカメラがなければ追加して(まだ位置は調整しなくてOK)、カメラアイコンを押し、ビューをカメラ視点にあわせて

f:id:at_you_key:20210716123627j:plain

「カメラをビューに固定」にチェックを入れます。

f:id:at_you_key:20210716123638p:plain

視点の移動にカメラが付いてくるようになるので、この状態でかっこいい視点を探します。

f:id:at_you_key:20210716123707j:plain

良い視点が見つかったら、F12で画像をレンダリングして、右上のレンダーパスを「統合」から「freestyle」に変更

f:id:at_you_key:20210716123723j:plain

うまく線画になったことを確認して、「画像」→「名前をつけて保存」

f:id:at_you_key:20210716123739j:plain

透過PNGとして保存されるので、何かと使い勝手が良いです。

f:id:at_you_key:20210716123759p:plain

あとはKeynoteや画像編集ソフトでラベルを付けたり、お好きなように。

f:id:at_you_key:20210716123810p:plain

もっと

Freestyleには多くのオプションがあって、もっと凝ったこともいろいろできます。

興味があればドキュメントを覗いてみてください。

docs.blender.org